MAIN MENU
トップページ
事業内容
製造事業
サービス事業
企業情報
会社概要
環境への取り組み
取引先企業
採用情報
プレスリリース
お問い合せ
今井社長のちょっと気になる話
 
2011年11月15日  “ゆるキャラ”効果

先日、彦根城を訪れました。そこで全国的に有名なあのキャラクターと遭遇。
そう彦根といえば、ご当地"ゆるキャラ"の代表格「ひこにゃん」の生誕地!?です。
2007年に「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターとして登場するや、 同イベントを大成功に導き、その後も彦根城を生息エリアとしながら活動し、各地 のキャンペーンやイベントにも引っぱりだこの人気とか。
表門橋から急な石段を登り、たどり着いた天守前広場には既に黒山の人だかりが・・・ 天守閣石垣の前でポーズをとる「ひこにゃん」発見です。確かに愛らしいキャラクター としての完成度は高いものがあります。驚くような芸を披露するわけでもないのですが、 妙になごむ空間が生まれているのですから。
それに、ゆるいどころか公式サイトやファンクラブを持つ恐るべし”ゆるキャラ”です。
グッズの売上や観光客増加による経済効果も○○億円と試算されており、ふるさと納税 の一部を「ファンクラブ」の会費にしたところ、納税額が増加したとか。
また、城内やまちなかで見かけた観光ボランティアの方々が生き生きと活動されていた のも印象的でした。こうした大ヒットキャラを通じて知名度やイメージアップが生じる だけではなく、彦根のまち全体が活性化しているということなのでしょう。あやかりたい ものです。
彦根城
彦根城

ひこにゃん
ゆるキャラのひこにゃん♪


今井社長のちょっと気になる話へ戻る

サイトマップ 個人情報の取扱い 免責事項
COPYRIGHT(C) 2008 FUJIDENSHI.CO.LTD. ALL RIGHTS RESERVED